整形外科テスト法

 

腰椎の神経圧迫

 

Straight Leg Raising Test (Laseque's Test)

      背臥位で膝を伸展させて股関節を可動域一杯まで屈曲させる。

      (+)少し戻して足関節を30〜70度の範囲で背屈させた時に疼痛を感じる。
角度を記録する。

      (原因)@股関節障害、A椎間板ヘルニア、B仙腸関節障害、
C坐骨神経障害、神経根圧迫、Dハム短縮

 

 

 

Quadrant Test 

      立位で患者の背後に立ち、患者の肩をつかむ。

      患者を後方伸展・側屈させ脊柱を同側回旋し上方から圧迫する。

      (+)圧迫時にヘルニア症状(痛み、しびれ)が再現する。

       (原因)@脊椎間の神経孔の狭小化による神経根の圧迫→椎間板ヘルニア

 

仙腸関節周囲

 

Sacroiliac Compression Test (仙腸関節圧迫テスト)

      背臥位で両側の上前腸骨棘交叉して押さえ仙腸関節を圧迫させる。

      (+)仙腸関節の圧迫に伴って疼痛を訴える。

      (原因)@仙腸関節の病変

 

 

 

Squish Test / SacroiliacDistraction (仙腸関節離開テスト)

      両側の上前腸骨棘を腕で45度の角度で押して仙腸関節を離開させる。

      (+)仙腸関節の離開に伴って疼痛を訴える。

      (原因)@仙腸関節の病変

 

Patrick's Test FABER Test

      股屈曲・外転・外旋させて、対側の膝上に踵を載せる。

      膝と対側の上前腸骨棘を押し下げる。

      (+)検査側膝が反対側の下腿より上部に留まる。

      (原因)@股関節病変、A仙腸関節障害、B腸腰筋・内転筋損傷

 

 

 

Piriformis Test 梨状筋テスト

      側臥位で検査する下腿の膝を屈曲させ、股関節を60度屈曲させる。
骨盤を押さえ、他方の手で膝を上から下に押す。

      (+)梨状筋の痛み、坐骨神経による殿部の痛み

      (原因)@梨状筋の短縮、A(梨状筋による)坐骨神経圧迫

股関節周囲

 

Scour Test 股関節

      股関節および膝関節を屈曲させる。

      大腿骨軸にそって荷重をかけながら股関節を内外に動かす。

      (+)疼痛、症状(動きの抵抗など)の再現

      (原因)@大腿骨頭・A股関節臼の関節軟骨の病変。

 

 

90-90 Straight Leg Raising Test

      背臥位で膝を屈曲させて股関節を90度屈曲させる。

      膝を両腕で支えて、膝を伸展させて下腿を伸ばす。

      (+)膝の伸展が左右で20度以上の差が見られる。

      (原因)@ハムストリングスの堅さ(短縮)の評価

 

 

Thomas Test

      一方の手を患者の腰椎の下に入れる。

      股関節を膝が胸に当たり腰椎が平らになるまで屈曲させる。

      (+)反対側の股関節の屈曲し下腿が台から浮く。

      (原因)股関節屈筋が@拘縮、またはA堅くなっている。

 

 

Rectus Femoris Contracture Test

      膝を曲げ台の端に腰を下ろす。股関節を膝が胸に付くまで屈曲させる。

      他動的に反対側の膝を伸展させる。

      (+)膝の伸展に伴い殿部が下がる。

      (原因)@殿部が下がれば大腿直筋の拘縮、
A殿部がそのままなら腸腰筋の拘縮

 

 

 

Ely's Test

      伏臥位で踵が殿部に付くまで膝を屈曲させる。反対側の下肢も検査する。

      (+)膝を曲げると膝と同側の骨盤が浮き上がる。

      (原因)@腸腰筋・大腿直筋、A大腿筋膜張筋、B大腿神経

 

膝関節周囲

 

Anterior Drawer Test

      股屈曲45度、膝90度。座って殿部で足部を固定する。

      腓腹筋周囲の頚骨近位を掴み、関節裂隙を触知する。

      ハムストリングスのリラックスを確認して脛骨を引き出す。

      (+)ソフトな終端感覚で脛骨が6mm以上引出せる。

      (原因)@前十字靱帯の損傷または緩み。

 

 

Lachman Test

      検査者の膝の上に患者の膝を載せ、膝を30度屈曲させる。

      片方の手で大腿骨をつかみ、関節裂隙を触知する。

      反対の手を頚骨近位(腓腹筋側)に当て前方に引く。

      (+)ソフトな終端感覚で脛骨が前方に引き出せる。

      (原因)@前十字靱帯の損傷または緩み。

 

 

 

Posterior Drawer Test  

      股関節屈曲45度、膝屈曲90度、座って足部を固定。

      腓骨筋周囲の頚骨近位をつかみ関節裂隙を触知する。

      ハムストリングスのリラックスを確認して脛骨を後方に押し出す。

      (+)ソフトな終端感覚で脛骨が6mm以上押出せる。

      (原因)@後十字靱帯の損傷または緩み。

 

 

Valgus Stress Test (膝外反テスト)

膝外側を押して外反させる。膝30度屈曲で再度試行する。

(+)膝伸展で外反→内側側副靱帯、ACL、PCL
(+)膝軽度屈曲で外反→内側側副靱帯

(原因)@(主に)内側側副靱帯の緩み

 

 

 

Varus Stress Test (膝内反テスト)

膝内側を押して内反させる。膝30度屈曲で再試行。

(+)膝伸展で内反→内側側副靱帯、ACL、PCL
(+)膝軽度屈曲で内反→内側側副靱帯

(原因)@(主に)外側側副靱帯の緩み

 

 

 

McMurry Test 膝半月

      関節と膝を最大可動域まで屈曲させる。

      膝内旋状態でフルに伸展させる。膝を外旋させて再度検査をおこなう。

      (+)クリック感・音と疼痛。

      (原因)@内旋疼痛は内側半月、A外旋疼痛は外側半月

 

 

 

Apley's Compression Test 膝半月

      膝屈曲90度。検査者の膝で大腿を固定する。

      足部を両手でつかんで引き上げ下腿(頚骨)を内外旋させる。

      次に脛骨軸に沿って下向きの力を加えながら下腿(脛骨)を内外旋させる。

      (+)膝の内側・外側の痛み。

      (原因)@内旋疼痛は内側半月、A外旋疼痛は外側半月

膝蓋骨脱臼

 

 

Fairbank's Apprehension Test 

      膝屈曲30度。膝蓋骨を他動的に外側に滑り出させる。

      (+)膝蓋骨脱臼の不安感あり、四頭筋を動かして防御。

      (原因)膝蓋骨の@脱臼・A亜脱臼

 

腸脛靱帯

 

 

Ober's Test

      股関節、膝最大屈曲。骨盤を保持し後方移動を防ぐ。
股関節外転・伸展させて膝を伸ばし台に向けて押す。

      (+)外転位を保つ。         

       (原因)@腸脛靱帯・A大腿筋膜張筋の短縮

 

足関節

 

Anterior Drawer Sign of the Ankle

      足関節をリラックスさせる。一方の手で脛骨を保持。
他方の手で背屈20度を保持し、足部を前方に引く。

      (+)距骨が足関節の溝に沿って前方に動く。

      (原因)@足関節の靱帯の緩み。

 

 

Posterior Drawer Sign of the Ankle       

      足関節をリラックスさせる。一方の手で脛骨を保持。
他方の手で背屈20度を保持し、足部を前方に引く。

      (+)距骨が足関節の溝に沿って後方に動く。

      (原因)@足関節の靱帯の緩み。

 

Talar Tilt (Inversion) Test

      脛骨をつかみ、他方の手で踵骨をつかむ。

      踵骨を外果から離すように他動的に内がえしさせる。

      (+)対側より外果から踵骨が離れる動きが大きい。

      (原因)@足関節の靱帯の緩みの検査。特に踵腓靱帯。

 

その他

 

Homan's Sign

      膝を伸ばし他動的に足関節を背屈させる。

      次にふくらはぎをつかんで、断面を小さくするように絞り込む。

      (+)背屈、ふくらはぎの絞込み時に疼痛を感じる。

      (原因)@(手術の後などの)深部動脈血栓の検査。                      

 

inserted by FC2 system